中高年の転職必勝法|おすすめ求人サイト情報

目次

  • そこが知りたい中高年の転職事情
  • 中高年の転職に必要な事とは?
  • 中高年の転職サイトではコンサルティングサービスが必須です!

 

1:そこが知りたい中高年の転職事情
中高年世代が、これまでの職場から新しい職場に移って行くケースは多々ありますが、その理由は自分自身のステップアップやヘッドハンティングなどの前向きなケースばかりではなくて、景気の悪化からのリストラや倒産などの転職事情の方が実は多いという状況のようです。
中高年はそれまでの経験や実績も保持しているだけすぐに戦力になるはずで、本人としてもそれなりのプライドは持っているはずですが、実際に転職活動をしてみると世の中の厳しさに驚く事も多いようです。
また、実際に新しい職場が運良く見つかったにしても収入減は否めない状況や、過去の経験を活かした仕事に就けるとも限らないのが、中高年の厳しい転職事情の実態に見られます。

 

 

2:中高年の転職に必要な事とは?
中高年の転職とひとくくりにされがちですが、やはり40代と50代60代とでは状況も大きく様変わりすることでしょう。
40代であれば自分の可能性や能力を活かした転職の機会もまだまだチャンスが豊富に待っている見込みがあるので、積極的にスキルを磨きながら攻めの転職活動を心掛けても良いでしょう。給与などの待遇や役職などに関しても、よりステップアップを目指した転職活動も可能ですので、できるだけ多くのリサーチをしながら新規の職場を掴むことが望ましいです。
50代になれば、やはり求人数や職種も限られてしまうことは確かですので、ある程度の妥協は必要となってきます。 その上で自分の納得ができる転職先を選ぶ覚悟も必要です。
60代ともなると、契約スタイルも正社員としての雇用が期待できない事も考えられます。 職種も机上業務や営業などよりもビル管理や軽作業などの仕事がほとんどとなってくるでしょう。 過去に管理職であった方もそれは全く評価されない事も覚悟の上で新たな気持ちの切り替えも必要となってきます。

 

 

3:中高年の転職サイトではコンサルティングサービスが必須です!
中高年の転職活動は若者に比べて非常に厳しいことは確かです。 個人の就職活動だけでは限界もありますし、自分のキャリアや能力を客観的に判断できていないで損をしている事も考えられます。 
どういったケースでも転職サイトの利用は必須となってきますが、特により良い転職サイト選びはその後の成功への最初の糸口となります。 
そこでおススメしたいのが転職サイトの中でもコンサルティングサービスを行っているサイト選びです。 その理由としては登録後にキャリアのある専任のコンサルタントが付いて、個人に最も見合う活動の方針や情報提供や求人紹介、面接アドバイスなど、きめ細かなカウンセリングを受けることが可能になるからです。 コンサルタントは転職のプロですから、不利になりがちな中高年の転職活動も、豊富な実績とノウハウを持って力強くバックアップしてくれるはずです。

 

 

 転職活動を行う際に、転職先に応募する場合において、誰でも憧れの企業や憧れの職種に転職したいと思った転職希望者はいるはずです。しかし、本当に入社したい企業や職種に転職できない場合もある事を考えて転職活動を行っていく事を覚悟しなければならないが、憧れの企業や職種に関して採用試験を受けて結果が出なければ、今まで経験した仕事を見直すという事も視野に入れて転職活動をしなければならないです。

 

 今までの仕事の経験で、憧れの仕事に転職したい場合は、憧れて転職しようと思っている仕事に関して経験があるかどうかを考えます。今までの経験を生かしながら憧れの職種に転職しようと思っている時は、今までの経験における全部の部分を活かせる求人を探して、転職活動を行っていく事が筋です。

 

 一方で、全く未経験で憧れの仕事に転職する際は、求人の概要を見て、未経験でも仕事が出来る会社を中心に応募していく事が筋であるが、会社側は仕事に関連のある能力を持っている人を求めているという事をわきまえて、憧れている職種としての未経験の分野に応募する事です。

 

 在職中における転職活動は、すでに前職を退職している人にとっては、あまり憧れの企業を探すばかりではなくて、無意味に活動期間を引き延ばすわけには行かないです。従って、あまり憧れの企業にこだわらないで、仕事の経験に基づいた活動を行って、早めに安定した定職に就くという事が優先になります。

 

【参考サイト】
中高年のための求人選びポイント特集
中高年の求人探しの手助けをする情報が満載!

 

 営業に関する仕事の経験があったとして、企画の職種に就きたいと考えている時は、すぐに他の会社に就職を考える事ではなくて、現在の会社で企画の職種があるかどうかを確認して、自分の実績に自信がある時に異動をお願いする事です。

続きを読む≫ 2014/09/04 15:29:04

 最近では転職する人はめずらしくありません。そのため、転職に関する情報を色々なところで得ることができます。インターネットで企業に関する情報を検索することもできれば、面接のアドバイスをまとめた本を読むこともできます。

 私はこれからの転職は医療や福祉の分野の仕事がいいと思っています。実際に転職雑誌やハローワークへ行くと、介護や看護の仕事が多いのが目につくと思います。私が20代だったころから、介護の仕事が徐々に増えてきました。

 「さて、次はどんな会社へ移ろうか?」と、色々な媒体を使って資料を集めると思いますが、ここでよく耳にするのが、「ああ言っていたのに、実際は違った」という言葉です。もちろん私も何度も経験をしてきたのですが、企業が求人をする場合、転職者が見た時に魅力を感じるような内容しか書かないのです。

 介護福祉士からの転職は社会福祉士として生活相談員やケースワーカーで働くのが一番です。介護福祉士として特別養護老人ホームやデイサービスで介護職として働いていると利用者様と深く関わることができます。

 転職は人生において珍しいことではなくなってきています。以前のような終身雇用の時代から多くの人が転職をしてスキルアップを重ねていくような時代になってきました。

 転職を考える理由は様々だと思います。特に40歳以上の方の転職となると、複雑な事情が絡んできて、その成功ポイントは、人それぞれになるかも分かりません。

 転職するときは、いままでのお仕事の経験は重視されます。未経験者よりも、経験者のほうが、いいとおもってる担当者も多いでしょう。しかし、面接が大事です。成績がよくても、経験が長くても、話していて、印象が悪いと20代でも30代でも年齢関係なく採用されません。

続きを読む≫ 2013/12/25 16:18:25

 転職の際に、一番にお世話になるのはハローワークだという方は多いのではないでしょうか。正社員だけでなく、派遣やパートの方も条件によっては、雇用保険の手続きがあるのでついでに転職先を探してみようと、利用しているのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2013/12/25 16:16:25

 人生において転職をする機会は人それぞれですが、誰もが経験をするものです。企業が転職者に求めている物は、実務経験と実績、今まで築き上げてきた技能で企業にどのような利益を生み出すことが出来るかということです。

続きを読む≫ 2013/12/25 16:12:25