少し前の事になりますが若い頃、東京の銀座で営業ンとして働いていました。

 

 ただその仕事は残業などが多く繁忙期になると休憩も休日も取れないような仕事で12月等は体重が5キロ程落ちるような仕事でした。

続きを読む≫ 2013/09/18 13:13:18

 私の就職体験談です。以前車の製造業に務めていたのですが、工業関連の高校でしたのでまずその高校の面接をクリアして高校の定める資格を取らないと就職できないというもので当時必死になって資格を取得しました。

続きを読む≫ 2013/09/13 18:29:13

 私が転職活動を行っていた時に気を付けていたこと。

 

 それは、面接の時に自己PRをする際に、あまり自慢話になり過ぎないように注意をするというものでした。

続きを読む≫ 2013/09/13 18:21:13

 私の年代は40代の後半です。

 

 初めての就職は短大の卒業の時でした。
 当時から就職の氷河期と言われていて私も10社以上面接を受けても1次試験も通らなかったものです。

続きを読む≫ 2013/09/13 18:01:13

 40歳までに転職を何回かして気づいた事は、同業者の転職は比較的アピールしやすくやりやすいと思うのですが、違う業種に転職する場合は、いささか難しい面があると言う事を身を持って分かりました。

 

 同じ職種での転職の場合は、面接時に経験という一番価値があるアピールポイントがあるので経験をしっかりアピールして後は自分の良さなどをうまく説明できれば評価が高くなるし、面接での採用も高まってきます。

続きを読む≫ 2013/09/13 17:53:13

私は50歳の女性です。

 

男性は50歳前までには就職や、転職のサイトをみても沢山案件があります。
体力的にも能力的にも金銭的にもそこが分かれ目ですね。

 

女性の場合は、結婚や出産も考慮されての事ですが30歳までの就職先や転職先が多数あります。

続きを読む≫ 2013/09/13 17:49:13

 大学三年生の秋、就職活動がまさに解禁された頃でした。

 

 合同説明会が至る所で行われ、ナビサイトは接続することすら困難な程に就活生が押しかけていました。

 

 一方、学校においても各種の説明会を実施していました。

続きを読む≫ 2013/09/13 17:21:13

 当時主人は40代、私は33歳妊娠中、長女5歳でした。

 

 中堅不動産会社に10年勤めていましたが、同じ業種の友人から新しい不動産会社への転職を勧められました。

 

 転職先は主人が得意とする専門分野を統括する人間がおらず、長年の友人を助けたいと思う気持ちもあり転職に踏み切りました。

続きを読む≫ 2013/09/07 17:43:07


 日本の景気は持ち直していると言われています。今年に入って株高、円安基調となり、製造業などの輸出産業を中心に業績が好転し、個人商品もデパートなどでの高額商品が好調で明るい空気が流れています。「アベノミクス」を引っさげて昨年末に政権を取り戻した与党・自民党としては幸先の良い滑り出しとなりました。

 

 しかし今なお雇用問題でつらい思いをしている国民は多数存在し、彼らが安定した職を手に入れる見通しはそれほど明るいものではありません。新卒の若者の就職内定率は好転していますが、中高年の雇用問題については、明るいニュースを耳にすることはほとんどありません。

続きを読む≫ 2013/06/07 15:14:07

中高年のサラリーマンですが求人に「試用期間あり」と記載がある場合は、その期間が終了した時点で本採用になるのでしょうか?


 新卒の場合でも3〜6カ月程度の試用期間が設けられていて、社員として採用できるかどうかを判断する期間になります。中高年のサラリーマンであっても多くの求人が試用期間は仮採用で、その期間中に社員としての仕事ぶりや適性などを判断します。そのため雇用契約も試用期間の期間中か、試用期間の終了時点で正式な雇用契約を結び本採用とするところが普通です。

続きを読む≫ 2013/06/07 15:14:07


 ソニーを初めとする多くの電機メーカーでリストラが行われていますが、リストラの対象になっているのは40代や50代の中高年のサラリーマンが主です。会社を辞めても転職するのが難しい時代なので、リストラの対象になった中高年のサラリーマンにとってもそうかんたんに会社を辞めるわけにはいきません。

 

 そのためソニーでもキャリアデザイン室の存在がニュースにもなりましたが、このキャリアデザイン室とは会社から与えられる仕事は何もなくやることを自分で決めなければいけません。自分のスキルアップになることであれば、英会話を学ぶこともビジネス書を読むこともできます。

続きを読む≫ 2013/06/07 15:14:07


 錦織選手のように23歳にして世界を相手に闘っている話を聞くと、それは羨ましいという気持ちになるでしょうか。「もっと頑張れ、応援するぞ」という気持ちになるのでしょうか。あるいはまた、それは自分とは関係無い世界の人だと、無関心を装うのでしょうか。

 

 たしかに、テニスをはじめ、ゴルフや野球、サッカーなどさまざまなスポーツ界で活躍している人の多くは、一般的な学生生活を送らずにスポーツに青春を捧げている感はぬぐえません。勉強をする時間もそこそこに体力づくりやトレーニング、練習をする日々は普通の高校生や大学生とはかなり異なる日常でしょう。

続きを読む≫ 2013/05/17 10:12:17


 よく日本人は海外の商品や技術を取り入れ、それを独自にアレンジするのは得意だが、日本から本当のイノベーションは生まれないという意見を耳にします。たしかに日本の料理なども、純粋な日本食以外はすべて独自にアレンジされています。たとえばカレーライスなどもインドから伝来したように思っている方も多いと思いますが、実は日本のカレーライスは独自にアレンジされたものです。

 

 たしかに日本ではイノベーションは生まれないという意見があるのは事実ですが、日本のアレンジされた食文化は世界に誇れるものです。日本のデパートの地下の食料品売り場のように、さまざまな食品が並んでいる国など日本ぐらいのものです。今の日本はものが溢れていても、日本人の多くはあまりそれに気付いていません。むしろ苦しんでいるかのようにさえ見えます。

 

続きを読む≫ 2013/05/17 10:12:17


 株式市場から明るいニュースが聞こえています。5月連休開け、4日間で900円の値上がりは、株式投資家だけでなく、なんとなく景気が良くなっているという雰囲気として、一般消費者にも充分伝わってきました。

 

 最近は小学生までが株価が戻っているらしいなどと学習塾で話すようですから、このまま順調に推移して行けば、多少成りとも消費生活も上向きになると予想だれます。

続きを読む≫ 2013/05/17 10:12:17