違う職種の転職は難しい面がある

 40歳までに転職を何回かして気づいた事は、同業者の転職は比較的アピールしやすくやりやすいと思うのですが、違う業種に転職する場合は、いささか難しい面があると言う事を身を持って分かりました。

 

 同じ職種での転職の場合は、面接時に経験という一番価値があるアピールポイントがあるので経験をしっかりアピールして後は自分の良さなどをうまく説明できれば評価が高くなるし、面接での採用も高まってきます。

 現に、同じ職種の転職は意外にすんなり行きました。

 

 しかし、これが違う職種になると、まず経験というアピールポイントがないためにアピールする事が減ってしまいます。また資格などがないと自分の内面的な要素でしかアピールする事ができないのでどうしても経験者、資格取得者に及ばずに不採用になるケースが多くなってしまいます。

 

参考
40歳の転職
40歳から転職する場合はみなさんキャリアアップを目指すと思います。希望の条件の求人を依頼しやすいアドバイザーがいる転職サイトの情報。
xn--40-1b4ao14xv7vazcs.asia

 

 例え企業側が未経験でも大丈夫という求人を出していても面接に来る人たちの中にはもちろん経験者もいるのでなかなかその人たちを超える評価を上げるのは難しい事になってしまうのです。

 

 40歳の年齢になると最低でも認知度がある資格を取得してアピールポイントを作らないといけないです。