求人で試用期間の記載がある場合その期間が終了した時点で本採用?

中高年のサラリーマンですが求人に「試用期間あり」と記載がある場合は、その期間が終了した時点で本採用になるのでしょうか?


 新卒の場合でも3〜6カ月程度の試用期間が設けられていて、社員として採用できるかどうかを判断する期間になります。中高年のサラリーマンであっても多くの求人が試用期間は仮採用で、その期間中に社員としての仕事ぶりや適性などを判断します。そのため雇用契約も試用期間の期間中か、試用期間の終了時点で正式な雇用契約を結び本採用とするところが普通です。

 またなかには試用期間中は大事な仕事は任せないかわりに、給与を安くしたり社会保険にも加入しないところもあります。試用期間中は基本的には、解約権留保付労働契約が成立していると考えられます。解約権留保付労働契約とはかんたんに説明すれば通常の解雇よりも、企業側に広い範囲において解雇の自由が認められる契約と考えてもらうと分かりやすいと思います。

 

 普通は労働契約法16条で企業が社員を解雇する場合には、客観的合理性と社会的相当性の2つがなければ法的に無効となります。しかし最高裁の判決で試用期間中は解約権留保付労働契約が成立し、企業が仮採用した社員の仕事ぶりや資質や性格などの適性などを総合的に判断して解雇することが認められています。

 

 ただこれも企業によって異なるので採用された場合には、企業にしっかり確認されるほうが良いと思います。そして納得された上で入社の手続きを進めてたほうが、後々のトラブルも起きないと思います。こんな時代ですから中高年のサラリーマンの方はなかなかかんたんに就職できずに、やっと採用になっても試用期間中にまた解雇されると精神的には辛いものがあります。頑張ってください。