高齢者でも就職が難しくない業界とは?

 現在では若者でさえ就職、転職が厳しい情勢となっていますので高齢者ともなるとさらに状況は悪化していると考えられますが、そんな日本経済の中でも職を失わない高齢者がいることをご存知でしょうか?

ヘルパー資格を取ろう

 Precident onlineには手に職をつけることによって、高齢者であろうとも、若者であろうとも一生お金に困らない、と書かれています。手に職、と聴くと職人さんを思い浮かべますが、たとえば伝統工芸品の職人になるのは時間が掛かりますし、大変です。そうではなく、社会から必要とされている資格を手にすることで、就職ができるようにしよう、と書かれているのです。

 

 たとえば、今の社会状況で言えばヘルパー資格などが当てはまります。少子高齢化が進んでいる現在、介護、介助を必要としている高齢者はたくさんいます。そして、介護業界は慢性的な人材不足としても有名ですので、ヘルパー資格を持ってさえいれば就職することも難しくはないでしょう。ヘルパー2級まで取得をすれば高齢者や障害者の介護などもできるようになりますし、仕事の幅も広がります。つまり就職先が増えることを意味します。

 

時勢に乗る

 体がいつまでも動くか不安だと感じる人は、ヘルパーで実務経験を五年以上積んでさえ置けば、ケアマネージャーというケアプラン作成を主たる業務としている資格を取得できる可能性もあります。試験がありますので、それをパスしたらケアマネージャーになれます。ですので、現在でいえばヘルパー資格を持っていれば就職は難しくなく、将来も広がっていると言えます。