介護福祉士からのスキルアップで社会福祉士への転職を目指す

 介護福祉士からの転職は社会福祉士として生活相談員やケースワーカーで働くのが一番です。介護福祉士として特別養護老人ホームやデイサービスで介護職として働いていると利用者様と深く関わることができます。

介護職をして利用者様の気持ちや要望を理解することで生活相談員としての資質も磨けることになります。生活相談員やケースワーカーについては社会福祉主事任用資格を取得していればなることができますが今では国家資格である社会福祉士を取得している方が専門性があると認識されます。

 

 市役所や都道府県庁などの社会福祉採用の試験も最近では社会福祉士資格を取得している人が受験資格の対象となっている自治体も多いです。社会福祉士を取得していれば公務員としてケースワーカーで働くことができる可能性も高まるので将来性は高いと言えます。社会福祉士は介護福祉士よりも国家試験合格のハードルは高いですが取得者数は社会福祉士の方が圧倒的に少ないので今後は生活保護業務の増加や高齢者の増加で需要は高まることは間違いないといえます。