見極める目

 「さて、次はどんな会社へ移ろうか?」と、色々な媒体を使って資料を集めると思いますが、ここでよく耳にするのが、「ああ言っていたのに、実際は違った」という言葉です。もちろん私も何度も経験をしてきたのですが、企業が求人をする場合、転職者が見た時に魅力を感じるような内容しか書かないのです。

「こんなに給料が良い」「こんなに休日が多い」「こんなにアットホームな職場」等々。しばらくして新しい求人媒体を検索してみると、またその企業が求人を出している。そんなケースが多い事に気づくべきです。求人広告の常連企業。人が定着しないのです。

 

 それでも次から次へと応募者がやってくる。すぐ辞めてもまたすぐに次の人が来る。人を大事に育てていくような社風や環境が無いのかもしれません。いわゆる使い捨ての感覚に近いのでは?と感じます。百人来て五人残れば求人成功くらいに考えているのかもしれません。本当にその会社が目指しているものや、会社の最大の財産であるべき従業員に対しての考え方など、ホームページなどをしっかりと確認して決めるべきだと考えます。できれば関係者の声が聞ければベストです。しかし、あくまでもそれは参考です。判断して決めるのは自分自身の目と耳と心です。正しい判断が出来るよう、常時あらゆる方向にアンテナを向けながら自分を磨く努力を続けている人が、最後は勝ち取れるのではないかと考えます。